女の人

気軽に行ってみましょう

婦人

まずは予約しましょう

昔はうつと診断されると心の弱い人間と考えられていた時代もありました。しかしうつは誰もがなってしまう可能性のある病気です。とはいえ初めてうつを経験する人は一体なんなのか分からずにもやもやする期間も長くなります。他の病気と同様にうつも早期発見早期治療が大切です。少しでもうつを疑ったのであれば一度精神科や心療内科を受診してみるといいでしょう。昔はそれこそハードルが高く、怖い場所と考えられていましたが最近の精神科や心療内科は町中にあるクリニックとなんら変わりはありません。綺麗な外観に内装、他の来院者と顔を合わせないような配慮があるところもあります。事前にインターネット上で情報収集が可能であれば見ていくと安心でしょう。そしてうつと診断されたからと言って落ち込む必要はありません。前述した通り誰もがなる可能性のある病気です。適切な治療をすれば治すこともできます。もちろん驚くでしょうし、今まで通りの生活ができないもどかしさもあるでしょう。しかし焦らずに自分に与えられた休息期間くらいに考えられるといいでしょう。まず診断には本人が今どのような状態におかれているかという情報が必要になります。予約の電話をする際にある程度気になる症状を聞かれますのであらかじめメモをしておくといいでしょう。病院では問診票の記入を求められるのでできる限り答えておくと後々たくさんのことを話す必要がなくなり、医師も今現在の状態を把握しやすいです。一人では不安感が強い時には家族の付き添いがあれば心強いです。付き添ってもらったからと言って必ずしも一緒に医師の話を聞かなくてはならないということもないです。その辺りは臨機応変に対応してもらえるので希望をきちんと伝えてきましょう。もし生活に支障が出るぐらいひどい状態なのであれば誰か一緒に医師の説明を聞いてもらう人がいると安心ではあります。うつの症状として集中力や記憶力の低下や判断ができないというものもあるので症状の重さによって付き添いをどうするか決めるのも一つの手です。そして医師に診断してもらい、一緒に決めた治療方針に従ってしばらくは様子を見ましょう。