女の人

休息が必要な時です

男の人

無理は禁物です

うつは気付かないうちにどんどんと進行してしまうことがあります。というのも体は辛いけど検査をしても異常がないなどが重なり「気のせいかもしれない」と無理をしてしまう人が多いからです。簡単に仕事を休めないなどの事情がある場合も多いでしょう。その時にきちんと精神科や心療内科に行き、うつの診断をもらうことがとても重要になってきます。うつ自体が命にかかわることはまずありません。しかしそこからひきおこされる憂うつ感などのせいで通常の生活ができなくなったり、最悪の場合自ら命を絶ってしまったりという可能性もあります。そこまで追い詰められる前に正しい休息時間を確保するためにもきちんと病院へ行って診断を受けましょう。本人が気付いていない場合もあるのがうつの怖いところでもあります。もし身近な人で異変を感じることがあればまずは周りの人と情報共有をしましょう。噂話などの無責任な形ではなく、どうすればその人が良くなるのかを考えてあげられる人が周りにいると必ず病気は快方に向かいます。精神科や心療内科でうつだと診断された際には必ずそえを証明する診断書を書いてもらいましょう。診断書にはお金がかかりますがそれを提出することで自分自身の今の状態を会社などに伝えられます。きちんとした手順を踏んで休暇をもらうようにしておけば病気が良くなったときに復帰しやすくなります。周りとの関係を良好に保つためにも知らせなくてはならない人にはきちんとお話しすることが好ましいと言えます。いくら会社の上司などであっても病気になった本人が情報開示を望まない場合は周りに話してはいけません。ですが長期で休むなどになった時はある程度オープンにしておくのも悪くないでしょう。うつは珍しい病気ではなくなってきました。実は経験者だったという人もおり、理解が得やすくなる可能性もあります。理解者がいるという状態は何に置いてもとても心強いです。まずうつと診断されたらきちんと診断書をもらい、影響が出ると考えられるところにはきちんと話しておくことが後々の生活を快適にしてくれるとも言えるでしょう。